ごちコレビューHOME

ごちコレ詳細

検索
  • 渓流 どむろく
長野県 須坂市

渓流 どむろく

信州須坂は江戸時代、堀家1万石の館町として発展しました。近代以降は日本の製糸産業を支える蚕糸の町として栄華しました。現在でも当時の製糸家の豪壮な蔵造りの家々が残り、蔵の町として人気があります。この地に風花舞う季節の訪れとともに蔵人が入場し、蔵人たちのかけ声が蔵に満ちあふれます。創業元治元年(1864年)より、幾年月にもわたって続いてきた光景です。諸国行脚のおり、酒の旨さに惹かれ、初代蔵元の遠藤徳三郎が酒造りをはじめたときから、常に「旨い酒を」との一心で酒造りに取り組んで参りました。創業当時の江戸時代、当蔵の酒は須坂藩主の献上酒でもありました。その時、藩主が命名した日本酒『養老正宗』は、今もその味を語り継ぎ、現在は日本酒『渓流』を代表とする銘酒となって、皆さまに親しまれております。「渓流どむろく」は昔の酒造りの資料に忠実に基づいて仕込んだどぶろくです。発酵中の酒を粗く網で越しただけで一切の手を加えずビン詰めにしました。‘生きている酒’を感じさせる力強い旨みを存分に味わってください。

みんなの感想

0件の感想

他の人はこんな商品も見ています

他の応募期間中の商品

同じ都道府県の商品

同じカテゴリの商品